このページの本文へ移動します。

Inoue Lab. 近畿大学
宇宙論研究室

研究

宇宙から新しい物理の法則をみつける

井上研究室では宇宙スケールの様々な現象の解析から未知の物理学に迫ることを目的に宇宙論の研究を進めています。光が重力によって「落下」する様子や、遠方の銀河同士に働く引力の強さを調べることによって未知の重力源や未知の重力の法則を調べることが出来ます。知られている物理学を使って複雑な現象を説明するだけではなく、宇宙という広大な実験室を使って、新しい物理の法則をみつけるフロンティア「cosmophysics」(コスモフィジクス)を開拓していくことが本研究室の目的です。(キーワード: 重力レンズ、ダークマター、宇宙の構造、ブラックホール、重力波、宇宙のトポロジー)

研究内容

宇宙論とは?
宇宙最大の構造を探る
重力レンズで探る暗黒銀河とダークマター
宇宙のトポロジー
ブラックホール起源の重力波